blog

ソーシャルデザインを学んで分かったこと その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「ソーシャルデザイン集中講座」と聞いて、

地域と連携して活動したいというテーマがあった私は、すぐに申し込みをしました。

場所は立教大学の大学院。

ここには21世紀社会デザイン研究科という学科があり、

そこの教授たちが、週替わりで専門の学問について実践的に講義してくれました。

実践的にというのは、グループワーク、意見交換が多く、インタラクティブな2時間半でした。

 

講義では、ソーシャルデザインの学問的な歴史や概要から、

実際どんなことがされているのか、活動の紹介や分析、

また、今後どう広がって行くのか、どう広がるのが望ましいのか、

そのための社会的展望や、障害となるもの、

それに対して私たちがどう感じるのか、現状をどう捉えているのか、

色々な立場や、様々な組織から参加している人たちが5~6人のグループを毎回作り、

あーでもない、こーでもない、とワイワイ意見を交換し合いました。

 

教授たちも皆さんパワフルで、

本気で社会と戦う気持ちを持っていると感じましたし、

参加者たちも、それぞれ問題意識を持った人たちで、

座学の時から意見が止まることはありませんでした。

 

問題意識を持って生きている大人が、まだたくさんいることを知り、

もっともっと意見を言ってもいいんだなと安心もし、

そういう環境に自ら積極的に飛び込むことの大切さも知りました。

その分、自分のアイデアや、生き方にいい影響が出ると感じたからです。

 

今日はその仲間たちと再会するのですが、

「そろそろソーシャル熱がうずいて来た頃ではないでしょうか?」

という誘い文句がとても心に響きました。

ソーシャル熱、うずいてます。

今日はどんな話が仲間たちと先生たちから聞けるのか、どんな気づきがあるのか、楽しみです!

 

 

関連記事

PAGE TOP