blog

行政書士には何ができるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

行政書士の説明として、日本行政書士連合のホームページに、次のような文章が載っています。

 

行政書士は、行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号)に基づく国家資格者で、

他人の依頼を受け報酬を得て、

役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、

遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。

 

つまり、行政書士とは、国家資格を持ち、

他人に代わって役所への提出書類を作成し、提出したり、

権利義務を表す遺言書や遺産分割協議書、契約書、内容証明書などを作成し、

それによって報酬をもらうことが出来る人なのです。

 

例えば、あとで問題にならないように契約書を作っておきたい場合には、

必要事項を盛り込んだ契約書を作成することができます。

 

会社を作りたい、お店を始めたい、コンビニでお酒の販売を始めたい場合、

役所に提出しなければいけない申請書類を作成し、提出まですることができます。

(但し、登記手続きは司法書士の仕事になります)

 

相続のときに揉め事が起きないよう、また、相続の心配事を解消するよう、

遺言書についての相談や、相続に必要な知識、状況に応じた相続の方法のアドバイス、

遺産分割協議書の作成をすることができます。

 

日本で仕事をする外国人の方の在留に関する書類や、

国際結婚や帰化のための戸籍の手続きなども、行政書士の仕事の一つです。

 

また、このような書類作成、提出業務だけではなく、

会社設立や開店のときに必要な資金についてのアドバイス、事業計画の作成や創業資金、助成金の申請等、

ビジネスを始めたり、進めて行く中で、必要なアドバイス、サポートをすることができます。

 

行政書士の業務は、実はとても幅が広いんです。

 

役所に提出する書類は何万種類もあります。

すべて自分でやることも可能ですが、法律知識があるかないか、経験があるかないかで、

申請が通るスピードなどが違ってきてしまいます。

 

せっかく作成した書類が、ちょっとした法律知識がなかったために、

無効になってしまうのは悲しいことです。

何か少しでも心配なことがあれば、ぜひ気軽に行政書士にご相談ください。

 

ちなみに、相談料についてですが、

法律上、有料でも無料でも構わないことになっています。

ほとんどの行政書士が、最初の相談は無料になっていると思いますし、

最近は、ホームページからメールでお問い合わせなども出来るはずです。

 

書類の作成、申請業務の他にも、

起業セミナーや、相続に関するセミナーも各地で開催されているようです。

 

当事務所も、小さな起業セミナーや、

45歳からのエンディングノートのセミナーを企画していますので、

興味のある方には、ぜひ参加していただければと思います。

こちらについては、具体的に決まりましたら、告知させていただきます。

 

関連記事

PAGE TOP