blog

想いを言葉にすると実現する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

前の職場には、目標管理シートというものがありました。

年度ごとに業務上の目標を3つ以上書き、プランを立て、それを上期下期で上司が評価する。

最終的には給与やボーナスに影響するものです。

 

この目標管理シートには、もう1枚用紙があります。

それは、年度内に受けたい研修や、取りたい資格を書く用紙です。

実はこれは評価には関係なく、ただ提出するだけの用紙だったのですが、

この用紙が私を独立に導いたと言っても過言ではありません。

 

3年前にTOEICにはまり出した私は、

その時に壁だった700点を超えたくて、取得したい資格に「TOEIC750点」と書きました。

「書かなくてもいいのに、、、」と上司は言ったと思います。

でも、私は書くことで、自分にプレッシャーを与えたかったんです。

それにそんな用紙、もともと誰も見ないのです。

自分自身に対する約束として、私は思い切って書きました。

 

すると、その年に、ぴったり750点を取ることが出来たのです。

もちろん勉強はしました。

が、ぴったりの点数というところが、私には興味深く感じられました。

 

そして次の年、

私は調子に乗って「TOEIC820点」と書きました。

なぜ820だったのか、今でも良く分からないのですが、ふっと820が浮かんだのでしょう。

800を超えたいけど、850は無理だろう、、、そんな意味だったのかもしれません。

さすがに800点は難しいです。

私は英語学習を始めたのは、40歳目前でしたし、海外へ行ってみたのも40歳になってからです。

でも、目標を立てたからにはどうしても達成したくて、毎日勉強しました。

気づいたら、990点(TOEIC満点)の友だちが何人も出来たり、不思議な環境が出来ていました。

 

そして忘れもしないその年の7月、

何と目標として書いた820点を、ぴったり、取ったんです。

さすがに無理だろうという気持ちもあったので、これには本当に驚き、嬉しかったです。

思えばこれが、私の初めての成功体験だったのかもしれません。

スコアシートを見た日は、それまでの出来事や、TOEIC仲間の顔が浮かんで、ウルウルでした。

 

そしてその年の11月に、行政書士試験を受験しようと決めました。

これも翌年の目標管理シートの資格シートにしっかり書きました。

これも上司には「わざわざ書かなくていいのに」と言われたと思います。

でも私には、書いたら叶うような気がして、書いた時点で合格する気になっていました。

 

脳をだます、という話は聞いたことがありましたが、

昨日、こんな話を聞きました。

自分の脳が現実を作っている

自分の想いを書いたり、言葉に出したりして言語化することで、

脳に想いがインプットされ、

それによって脳が変わり、ついには行動が変わるそうです。

 

なるほど!やっぱりそうか!と、思いました。

私が3年間を目標を紙に書いて、人に話して、達成したのには、根拠があったんですね。

想いを言葉にすることで、夢が実現する。

私はこれからも、それを実証して行きたいと思います。

 

 

関連記事

PAGE TOP